• MY HOBBIES / Kenichi Hamana

東京ロータリークラブ初期の出席カード

ここにご紹介するのは私のコレクションの中で、日本の出席カードとしては最も古いものです。 出席を重んじるロータリーは、所属クラブの例会に出席できないとき、その前後の一定期間(現在は原則2週間)内に他のロータリークラブ(RC …

続きを読む


布原のD51三重蓮

私は1969年3月4~10日に大阪・中之島の研修施設で行われたF損害保険会社の新入社員研修に、大きなカメラバッグと三脚を担いで参加した。せっかく交通費と日当付きで大阪まで行くのだ。ついでにちょっと足を延ばしてC62やC5 …

続きを読む


チャコ戦争とロータリー

私がROTARY ON STAMPSの会長になった2005年7月、インドのロータリアンからチャコ戦争時のロータリー郵便について尋ねられたことがありました。『奉仕の一世紀』(国際ロータリー2003年刊、デイヴィッドC.フォ …

続きを読む


豪雪の飯山線

1967年1月5日未明。私は中学以来の友人E君と、上越線の夜行電車に乗っていた。小出から分岐して大白川まで(当時)の只見線に行き、C11のひく5往復の列車を撮影するためだった。雪深い上越国境を越えてしばらく、小出の手前で …

続きを読む


ロータリー拡大の立役者 J. W. Davidson

1910年代にヨーロッパやアジアの大都市にロータリーが広まりました。その次の目標は、その中間にある国々やアフリカにロータリークラブ(RC)を創設することでした。国際ロータリー(RI)はカルガリーRC(カナダ)のJ. W. …

続きを読む


オルチャ渓谷鉄道

2006年11月初旬、もう12年近く前の話だ。イタリアのトスカーナ地方を10日間ほど旅したことがある。シエナに8泊したのだが、そのうちの1日、蒸気機関車が牽く列車に乗ってトリュフ祭り(ある村の収穫祭)を楽しむツアーという …

続きを読む


エスペラント語とロータリー

エスペラント(Esperanto / 希望を持つ者)は、ポーランドの眼科医、ラザロ・ルドヴィコ・ザメンホフ(Lazaro Ludoviko Zamenhof, 1859-1917)博士が1887年に創案した、中立公平で学 …

続きを読む


筑豊のD50一族

1965年から1970年のころ、九州北部の筑豊本線には、私の好きなD50型蒸気機関車(蒸機)と、その従台車を2軸に改造し軸重を軽くしてローカル線を走れるようにしたD60型が最後の活躍をしていた。どういうわけか武骨なD50 …

続きを読む


私の碓氷峠 アプト廃止から55年

信越本線の難所碓氷峠の鉄路は横川軽井沢間11.2kmの標高差553mという急勾配(最大66.7‰)に対応するため、アプト式(歯軌条式のひとつ)により1893年3月に開業した。以来70年余を経て通常の粘着運転方式による新線 …

続きを読む