• MY HOBBIES / Kenichi Hamana

切符と旅情

2022年12月1日の朝日新聞朝刊、東海総合版の東海歌壇に「駅員が切符を切らなくなってから鉄道の旅は旅情を失った」という趣旨の短歌があった。確かに今は駅員が切符を切らないどころか「チケットレス」で切符 …

続きを読む


各地で出会ったC57たち(1)

蒸気機関車(蒸機)といえば「デコイチ(D51)」といわれたこともあったが、私の心の中では「蒸機といえばC57」であろう。D50も大好きだったが身近にはいなかった。しかしC57は私の自宅からもその走る姿 …

続きを読む


鉄道150周年に思う

昨日10月14日は日本における鉄道開業150周年の記念日だった。今年はさまざまなイベントが各地で行われている。私も鉄道ファンのはしくれとして何かせねばと思ったが、腰を痛めているのが災いして、13~14 …

続きを読む


関東鉄道鉾田線の光景から

昭和50年(1975年)12月4日の桃浦駅の入場券①が出てきた。その時の写真も何枚か出てきた。 この頃この鉄道は関東鉄道(株)鉾田線と呼ばれていた。もともとは常磐線石岡駅から鹿島神宮を目指して建設され …

続きを読む


小雨降る身延線

1975年5月17日、私はその前日深夜23時45分新宿発-長野行き鈍行で、3時17分に、早朝といってもまだ真っ暗な甲府駅に降り立った。身延線にしかいない旧型国電と古い電気機関車ED17を撮るためである …

続きを読む


45年前の高松琴平電気鉄道

四国の鉄道を撮りに行ったのは過去2回だけ。その一つが、大阪に出かけたついでに、大阪港21時半発神戸・土庄(淡路島)経由高松港4時50分着という夜行便で、高松琴平電気鉄道(以下「琴電」)を日帰りで見に行 …

続きを読む


北のキューロク三機

以前のコラムにも何回か書いたが、1967年7月に蒸気機関車(蒸機)を追って北海道に2度目の撮影旅をした。 その旅で出合ったキューロク(9600型式蒸機・クンロクとも呼ばれた)の内の3両が、特色のある機 …

続きを読む


近江鉄道には郵便車も貨物列車もあった

近江鉄道は1898年6月11日、滋賀県の彦根から愛知川(えちがわ)が開通したのが最初で、その後、鉄道の町米原から彦根を経て国鉄(現JR)草津線の貴生川への本線のほか、高宮~多賀大社の多賀線、や近江八幡 …

続きを読む


水郡線とこいのぼり、から思うこと

今月の4枚はカラーだしJR化後の写真だから私としては「新しい写真」だ。 水郡線の上小川あたり。鉄橋を渡るディーゼルカー(DC)の脇に大きなこいのぼりが泳いでいた①。DCはキハ47+キハ48だった。かつ …

続きを読む